FC2ブログ

my nice seasons

雑感を書き留めることにより、小さな幸せをいっぱい感じたい

Entries

私のオアシス 公園A

木更津市に住んで4ヶ月になった。

私は生活に弾みをつけるために仕事を始めた。

訪問介護という、願ったり叶ったりの仕事を見つけることができた。

経験あり、資格あり、休み自由、元手要らず、高時給

何より必要とされる、やりがいのある仕事だ。


月曜、水曜、金曜の朝、同じ時間に行く仕事がある。そのあとの仕事もいつも同じ。

間が1時間ほど空いている。

その時間潰しに使うのが、お気に入りのこの公園。

藤棚の下のベンチでタブレットで遊ぶ。

20180718082142410.jpg


20180718082406f5e.jpg

自転車は中古で7000円位で買った。

かなりボロいが、ブリジストンの高級車だったらしい。

8万はする代物だと言う。

どうりで丈夫なわけだ。

ブリボと名付けた。




あっという間に月日がたち

ほんの身内にだけ告げて、身を隠すようにチェンマイに行ってから、4年半。

今私は千葉県木更津市に落ち着きました。

昨日移動届けが受理され、正式に市民になり、今日は千葉県民でなければ作れない千葉銀行に口座を開きました。

まさに嵐のような年月をへて

私は今穏やかな日々を得ることができました。

山のようにあった悩みもどんどん解決されつつあります。


木更津市本日は晴天なり。

コインランドリーでコーヒーを飲みながら、

これから夢を、思い出を、少しずつ書き留めて行こうと思います。

タイの女性

タイには年金制度がない。

年取ったら子供や親族の世話になるのが当然。

老人ホームなんて考えられないのだ。

タイの男性は働かない。

あるいはバイク事故で早死にする話はいやというほど耳にする。

当然、タイの女性はたくましい。

家族を背負って、将来のことを考えなくてはならない。

一番の方法が、年金制度がしっかりしている外国人と結婚することである。

家やマンションを自分名義で買ってもらい(外人名義では買えない)

死んだあとは遺族年金で悠悠自適に家族、親族まで暮らしていけるそうな。


もちろん本当に愛し合ってるカップルもたくさんいるだろうが

どうみてもこのジイサンに?というカップルもいる。

日本人も多いが、アジア人同士のためか、そう目にはつかないが

ファラン(白人の総称)の老人がタイ女性を連れて歩いている姿は本当に多い。

この様子に無関心になるには、まだ当分かかりそうだ。

自分をその身に置き換えて考えると、タイ女性のしたたかさには感心させられる。



チェンマイはオフシーズン

3月~6月はチェンマイは真夏

お昼ころから日が沈む頃まではとても外には出られない。

でも夕方から急に強い風が吹き、雨が降って、燃えるような地上の空気を一気に冷やしてくれる。

朝の爽やかさはとても南国とは思えない。

午前中は十分、ゴルフを楽しめる。

野焼きの煙で濁っていた空気もいつの間にか綺麗になって

練習場の300ヤードの看板の下にあるボールまで見えるようになった。

早起きをしてゴルフを楽しみ、午後からはアパートでくつろぐ。

時には二時間のタイ式マッサージと贅沢をする。

二時間といっても300バーツ。900円。ありがたい安さです。



人生の転換期

人は人との出会いで、とんでもない道へと歩むことになるもんですね。


それが良い道なのか、悪しき道なのか、ある程度歩んでみなければわかりません。


61歳にして、そんな転換期を迎えるなんて、珍しいことではないこと。


チェンマイで暮らしていると、驚きの人生を耳にします。


新潟の片田舎であまりにも平凡に暮らしていて、


知ることのなかったことが


今は私を刺激しまくっています。



ながーい話になりますが、今私はチェンマイにいます。


いろいろな事情が重なり、しばらくは日本には帰らないと思います。


でもすごくすごく元気で暮らしています。